FC2ブログ

ダメ、絶対。

本日、大変痛ましい通り魔事件が起きました。

登校中の子供と別の子の保護者が殺傷された事件

NHKでもトップニュースになり、その後の報道番組で緊急検証を放送。

過去にも同様の事件はあったとはいえ、今回は見守り・警備等の対策を取っていた中での事件。


報道番組内では、犯罪学・犯罪心理学の専門家から
「登校中は、時間・場所が一定で狙いやすい」
などのコメントが出ていました。


・・・何か、余計に深く考えてしまいました。

殺人はダメ、絶対。


ならパンチラは良いのかといわれそうですが。

もちろん、Pcolleで売られているパンチラはすべてヤラセですから、犯罪ではないですが・・・。
パンチラHOLIC・29
パンチラHOLIC・29


色々と考えてしまいました。

お亡くなりになられた方のご冥福をお祈りいたします。
スポンサーサイト
[PR]

令和時代の始まり ~初のオカズは誰に~

このたびの天皇陛下の御即位を、3Dパンチラビデオ研究会として、心からお喜び申し上げます。

輝ける令和時代が、幕を開けました。
新しい時代において、新しいパンチラを築く取組を、さらに前へと進めていく。

安全・安心な「3Dパンチラ撮影」

誰もがいきいきと4545できる「リアリティの伝わる内容」

伝統的テクニックと先進テクノロジーの融合させた「イマーシブパンチラ」の実現に向けた決意を、

今、改めて胸に刻んでおります。



・・・と、令和早々、いきなりゴチャゴチャした横文字ですが。

引き続き、イマーシブ(没入感のある)パンチラを目指す決意で、令和を迎えた私です。


…あ、そういえば引退したのでカメラがない(笑)


冗談はさておき、令和時代の初ヌキをどうしようか、ずっと考えていました。


結論から言えば、この娘たち(2人組)のお世話になりました。

令和の初ヌキ2人組_3D
(お祭りでかがむ娘 その1)

・・・なんだかゴチャゴチャしてると思いませんか。

3D映像(サイド・バイ・サイド形式)なので余計にゴチャゴチャしているという印象になりそうですが、
2Dで見るとこのような感じ。

令和の初ヌキ2人組_2D
(お祭りでかがむ娘 その2)


しかし、思ったのです…


左下の2カメ、邪魔・・・か?

と。

後で振り返ると、ほとんど左下のアップ映像を見てないと思ったのです。


・・・悩んだ時こそ、他の方を参考にしてみましょう。
(要はパクリ)

先日Pcolleで購入した、みみっくさんの作品がちょうど参考になりそうです。
【顔出しJK30】[夢の国14]照れながらもプリクラ撮影はばっちり。ギャルJKの白レースP。【声かけ・2カメ・直撮り】
【顔出しJK30】[夢の国14]照れながらもプリクラ撮影はばっちり。ギャルJKの白レースP。【声かけ・2カメ・直撮り】

逆さ+2カメ+プリ画像とソースが3つの映像(画像)をどう使うのか…

こんな感じでした

みみっくさん流2カメの使い方A
2カメ中・・・時折小さめに表示。

ふむふむ・・・

みみっくさん流2カメの使い方B
プリ画像は、撮影後の数秒のみ表示

なるほど・・・

みみっくさん流2カメの使い方C
ローアン2カメは、比較的大サイズ&狙っている間ずっと表示

そうか!
メインカメがPを捉えてないから、2カメを見るしかない=2カメのメリットがあるのか!?

となると・・・メインカメがPをしっかりとらえている以上、2カメは不要・・・なの・・・か?


・・・。

非常に考えさせられた一作でした。



・・・って、何をやっているんでしょう私は(笑)

パンチラは感性で楽しむもの!

イマーシブを掲げた直後、分析的にパンチラ動画を見ても楽しくない!!!


・・・令和早々、シコシコと反省しました。



しかし、1つ感じたことが。


P+お顔映像(プリ画像等)は最高に気持ちが良い(笑)

3分42秒頃のこのシーンとか、
みみっくさnJK30_ハイキック最高!の瞬間
ハイキックの影響で、セクシーなエロいPの後ろまで見えて、
可愛いお顔と相まって良いですなぁ・・・。
(※本ブログ内ではお顔はマスクしています)


余談ですが、プリクラや撮影アプリは、もはやお顔が別人レベルじゃないですか?(笑)
プロフィール

3Dpan2

Author:3Dpan2
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR