FC2ブログ

VRパンチラのセルフレビュー(笑) 登校中のJ★をこっそり執拗に追いかけるとこうなる

3DパンチラとVRパンチラ作品をPcolleに出して数日、
予想に反し、3Dパンチラ作品のほうがVR作品の2倍以上も売れています。

…3Dパンチラに魅力を感じていただけるのはうれしいのですが、そもそも
3Dパンチラが好評なら、リスクの高いVRパンチラを撮る必要はない
などと考えてしまいました。

いえ冗談ですが。
VRパンチラにはVRパンチラの魅力があるので、
今日はアップしたVRパンチラのご紹介を致します。


高画質な4K版はこちら。
<VRパンチラ>登校中の無防備なJ★の後をこっそり歩いてみた(4K版)
<VRパンチラ>登校中の無防備なJ★の後をこっそり歩いてみた(4K版)

フルHDバージョンはこちら。(4K再生できない機種の場合はこちら)
<VRパンチラ>登校中の無防備なJ★の後をこっそり歩いてみた(HD版)
<VRパンチラ>登校中の無防備なJ★の後をこっそり歩いてみた(HD版)


再生にはアプリが必要になります。

PCなら、GoPro VR Player

http://www.kolor.com/gopro-vr-player/download/

iPhoneなら、Mobile VR Station
Mobile VR Station LOGO
https://itunes.apple.com/us/app/mobile-vr-station/id959820493?mt=8

Androidなら、AAA VR Cinemaなど
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.candlify.vrplayer&hl=ja

3Dパンチラもですが、VRパンチラの魅力をどう紹介するか悩ましいものの、
今回はPCで見た時のイメージでご紹介します。

まず本編の内容です。
一言でいえば、平凡な追い撮りです。

悪く言えば、ただ1人で通学中していて後ろも気にしない女の子の後を、
Pを狙ってひたすらこっそりと追いかけつつ、
たまにカメラをP目がけて近づける

誰でも撮れる平凡なシチュエーションですが、
それを非凡にするのが最新のVR技術です!

普通に再生すると、このような映像になりますが、
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用1

VR対応ソフトで見ると、このような視野に代わります。
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用2

目の前にはターゲットとなったJ★1人と、奥に2人組が見えます。
ただ、VRですから前だけではなく左右・後ろにも光景が広がります

まぁ後ろを見ても真っ黒なんですが。
※ここに本来、何が映っているのかは言うまでもありませんが、想像すると面白いですよね。
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用3

ただ、本作の見るべき方向は前です!
少し見上げれば…
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用4

歩きながらチラチラ見える美しいPが拝めます!
これこそまさにPを仰ぎ見る感覚とでもいうべき状況かもしれません。
なにしろ、上を見上げればPが見える状況というのは自然の摂理ですから(笑)

それを味わえるのは、没入感のあるVRパンチラならではです。

ちなみにPCのGoPro VR Playerの他、スマホでもゴーグルを使わずに見る場合など、
距離感を変えてみることができます。
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用5

どうでも良いですが、個人的にはこのくらいの適度な太さの太もも具合がたまりません!
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用6

細すぎず、太すぎず、まさに最適(笑)
その太ももと制服ミニスカの組み合わせ、好きな人ならハァハァすること間違いなしです(*´Д`)ハァハァ

途中、彼女は微妙にスカートを手で押さえますが、
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用7
これは真後ろに迫る怪しい男から本能的に隠そうとしたのでしょうか?
まぁその程度では最新のVRカメラからは隠せませんが。

2分間、彼女の後を追いかけていくと、

最後に、本作最大の見どころとも言うべき、明るいシーンが訪れます!
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用8

カメラを厳重にカモフラしている以上、どうしても画質に悪影響を及ぼしていますが、

屋外の明るいシーンが一番高画質なのは、どんな時代でも変わりありません。

この明るいシーンを最後に、彼女とはオサラバとなり、本作は終了となります。

余談ですが、このシーンは左下を見てもらうとこんなモノが映っており…
Pcolle VRパンチラ VR_004 レビュー用9
こういうモノの処理が必要なため、VRは編集&チェックが大変だという愚痴です(笑)


散々VRパンチラと本作の魅力について書いてきたものの、
残念ながら唯一(?)の欠点が…

まったくお顔を撮れていないことです。

言い訳します(笑)

いくら最大限のカモフラージュをしたとしても、普通の4K3D機材よりも大掛かりなセッティングになり、
いつも以上に人に見られたくないという気持ちが働くせいか、お顔にカメラを向けられません…

でしたが、それをなんとかするのがエロの力です。

その話はまた別の機会にでも…。


そんな撮影前&撮影時の苦労とは別に、
本作をノーカットで仕上げるのに非常に手間と時間がかかりました。
(恐らくもうノーカット版は出しません。笑)

そんな手の込んだ作品なので、是非ご興味のある方にはご覧いただき、
VRパンチラの世界をお楽しみいただきたいと思います。
スポンサーサイト
[PR]

3Dパンチラ、再始動です

「え?3Dって・・・そもそも3Dテレビってもう販売しないんでしょ?」

そう思った方は情報通だと思います。

https://www.cnet.com/news/shambling-corpse-of-3d-tv-finally-falls-down-dead/
2017年1月の記事です。

以下抜粋です。
LG and Sony, the last two major TV makers to support the 3D feature in their TVs, will stop doing so in 2017. None of their sets, not even high-end models such as their new OLED TVs, will be able to show 3D movies and TV shows.

要は、今まで3Dテレビを作り続けていたLGとSONYが・・・
2017年はもう3Dテレビ(の新商品)を出しませんよ。

そんな記事です。


これで3Dパンチラも死んだな。

と思った方もいらっしゃるでしょう。


しかし、そうは問屋が卸しません!


前置きが長くなりましたが、本記事の要点は以下の通りです。

・やっとこさPcolleに3D・VRパンチラを出品
・目標は従来通り、3Dパンチラの普及
・しかし3Dパンチラだけではむつかしい
流行りのVRパンチラも出していく
・今後ペースは遅くても、継続的にPcolleに3D・VR作品を出していきたい

そんな感じです。


さて、3Dテレビが終焉を迎える一方、

今、普及が見込まれているものは何でしょうか?


そう、VRです。


簡単な構図です。

VRが普及=VRゴーグルが普及

するわけで、

VRゴーグル=3D映像を楽しめる

わけですから、

我が3Dパンチラは永久に不滅です(笑)
などと調子のよいことを言ってみます。


しかし目の前には課題が・・・

VRパンチラが増えないと、3Dを見れるゴーグルも増えない(笑)


という事で・・・

これからは、
VRパンチラを出しつつ、3Dパンチラも出す

そんなアクションプランを策定しました。

が、またまた大きな課題が・・・

それは、編集が思うように進まないこと。
これは言い訳でした(笑)


ですが、文字通り毎日5分、コツコツと編集を頑張りました(笑)

そして、いよいよこの日が来ました。

本日7月9日、VRパンチラと3DパンチラをPcolleに出品いたしました。

デビュー作という事で、普通の作品を出しても面白くありませんから、
3D作品では、またまた秘蔵予定だったお気に入りの娘のおたずねシーンを出してみます。
<4K3Dパンチラ>文○祭で白Pセーラー娘に2度も話しかけちゃった(4K版)
<4K3Dパンチラ>文○祭で白Pセーラー娘に2度も話しかけちゃった(4K版)

そして戦略的に推し進める(?)VRパンチラは今回は気合でノーカット版を作成しました。
<VRパンチラ>登校中の無防備なJ★の後をこっそり歩いてみた(4K版)
<VRパンチラ>登校中の無防備なJ★の後をこっそり歩いてみた(4K版)


この作品に限らず、今後ちょっとずつVR・3Dパンチラを出していきたいと思います。

・・・少しでも3Dパンチラの良さが広がることを願って(笑)


長くなってしまったので、各作品の紹介は後日改めて記事にします。

3D普及のためにも、VR、ちゃんと流行るといいな・・・(笑)
プロフィール

3Dpan2

Author:3Dpan2
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR