FC2ブログ

VRパンチラは、どう見ればよいのか

「VRパンチラの魅力とは何か」

本当はそういう記事を書こうかと思っていましたが、そもそも前回の画像の見方を記していなかったので、
今回はVRパンチラ画像・動画の再生方法について触れてみたいと思います。

そもそもVRの定義があいまいですが、ここでは180度(半天球)・360度(全天球)の画像・動画を指します。

このVR映像、普通ならYouTubeにアップロードすることで、最近のPC・スマホなら簡単に楽しめるのです。
がしかし、そもそもアップ自体が困難なプライバシーの高い(?)コンテンツはどのように再生すれば良いのか・・・

ということで、今回はアップロードとは無縁のスタンドアロン(孤立)の楽しみ方をご紹介します。

そもそも、VR画像・動画はこのような形で保存されています。
180度撮影のVRパンチラ
※360度の画像。ただし後方は撮影者が映っているのでカット(黒く)しています
 360度映ると、当然映りたくないものまで映ってしまうので、そこが大問題なのですし、
 撮影は苦労が絶えないのですが・・・話がズレるのでそれはまた別の機会に(笑)

とりあえず、この画像は後で使うので、パソコンに保存しておいてください。

 
このVR画像を正しい形で見る方法は、主に以下4パターンがあると思います。
1.PC単体で表示(マウス・タッチ操作でグリグリ動く)
2.スマホ単体で表示(タッチ操作・スマホの向きでアングルを変わる)
3.スマホとVRゴーグルを組み合わせて表示(顔の向きでアングルを変わる)
4.PCとVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を組み合わせて表示(顔の向きでアングルを変える)

下に行くほどハードルが高いと思われますし、4は私も持っていませんのでやったことがありません・・・。

今回は1のPC(Windows)単体での再生方法について解説します。

まずはVR再生ソフトの用意から。
定番かどうかはわかりませんが、私はこのソフトを使っています。
GoPro VR Player

この世界ではおなじみの、GoProなる名前がついている通り、如何わしいソフトではありませんので安心して利用できます。
(もとはKolorという会社でした。)


しかもOculus Rift等のHMDにも対応しているので、PCスペックが足りればHMDを買って容易に(?)移行出来ます。
それは再生方法4番ですが・・・きっとここで紹介できるとしたらずっと先になる木がします(笑)


話がそれましたが、PCでの再生方法を解説していきます。
※なお、このやり方があっているという保証はどこにもございませんので、悪しからず(笑)

まずはこのページからソフトをダウンロード。
PCでのVR再生方法1
最近のWindowsパソコンなら、64bitだと思います

ダウンロードが終わったら、ダウンロードフォルダか指定した場所にこのファイルができているはず。
PCでのVR再生方法2

開いてインストールしていきます。
PCでのVR再生方法3
ちなみに、英語です。

PCでのVR再生方法4
同意しないと先に進まないので、読んだうえで同意しましょう(笑)

PCでのVR再生方法5
インストール先?
普通の人はそのままで良いと思います(笑)

PCでのVR再生方法6
デスクトップ等にショートカットが必要な人は、ここで選択。

PCでのVR再生方法7
家族等がいてWindowsのユーザーを分けている方は、このソフトを自分専用にするかどうか聞いてきます。
みんなが使えるようにするか。
自分専用なら上にしてください。独り者にはどうでもよい話です(笑)

PCでのVR再生方法8
しばらくすると、インストールが終わります。

PCでのVR再生方法9
デスクトップにショートカットを作った方は、このアイコンができているはずです。

PCでのVR再生方法10
ソフトを起動すると、こんな画面が出ると思うので、SELECT FILESをクリック。

PCでのVR再生方法11
さっき保存した、パンチラ画像を開きましょう。

PCでのVR再生方法12
あの歪んでいた画像が、ちゃんとした形で再生できます。

そして、マウスで画像内をクリックしたまま上下左右に動かせば、好きな方向が見えますし、
ホイールを回せば拡大・縮小も可能です。

PCでのVR再生方法13
ですが、こんな足元を見ても相当なフェチの方以外は喜ばないかもしれませんね(笑)
後ろ方向は撮影者がモロ映りなので、バッサリカットしているので真っ黒ですし。


これだけでは、ただ映像がグリグリ動くだけといった感想かと思います。

そこで、次はスマホを活用してより楽しめるVRの世界を見ていきましょう。
スポンサーサイト
[PR]

2016年は3D-VRパンチラ元年となるか?

しばらくブログを放置してしまいました。

・・・きっと『何かあった』と悪い想像をしている方もいらっしゃるでしょう。
一方で『また何か悪いことでも企んでいるのだろう』と思われている方もいらっしゃることでしょう。

安心してください、後者ですよ(笑)


さて、今回留守の時間が長かったのは他でもありません。

VRパンチラについて研究していたからです。

巷では今年はVR元年と言われているようですが、そのVRをパンチラに活用出来ないか・・・
そう思って研究はスタートしました。


先に結論を書いておきますと、
VRパンチラと呼べそうなものは撮れたが、3DVRパンチラはまだまだ
です。


そもそもVRとは、Virtual Realityの略で、Wikipediaによれば「人工現実感」あるいは「仮想現実」と言われています。

VRの定義が私には良くわかりませんが(笑)、対応するゴーグルなどを利用して、現実と錯覚するような高い没入感が味わえるものだと勝手に理解しています。
※お詳しい方からすれば、違うといわれそうですが・・・むしろ教えてください(笑)

そのためには、こんなゴーグルを使います。(下は一例)

VRゴーグル
※Yahoo!ショッピングより。ちなみに私はこの商品は持っていません。

このゴーグルにスマホを挿入して頭に装着すれば、周りの視界をシャットアウトしてスマホに表示する内容だけを見ることができます。

そう、スマホにパンチラ動画を表示すれば、目の前に広がる大スクリーンで見ているような感覚に!(かなりオーバーな表現です。笑)
しかしそれだけなら従来の動画の楽しみ方と変わりません。


VR動画で変わるのは、上を向けば上の映像が、右を向けば右の映像が見えるわけで、頭の動きに合わせて見える映像が変化します。

つまりパンチラに活用すれば、上を向けばスカートの中が見られるという夢のような体験ができるのではないか!?
そう考えたエロい人は私だけではないと思います。

そのエロパワーを根源とし、VRパンチラ動画という未知の分野に手を出したわけですが・・・想像以上にハードルが高かったのです。


まずパンチラに限ったことではないですが、VR動画には360度=前後ぐるっと撮影するものもあれば、180度=前方だけ撮影するものもあります。
当然、後方まで撮影する360度のVR動画のほうがリアルなのですが・・・

後方が映る=撮影者やカモフラ等が映り込むため、公開できるものが撮れません(笑)
撮っても人前に出すときにはこんなマスク(黒の部分)だらけの画像になってしまいます。
360度撮影のVRパンチラ

よって自分専用の非公開VRパンチラ動画を撮りたいなら、この方法がベストかと思いますが・・・それではVRパンチラの普及につながりません。

となると、後方をカットした180度のVR動画のほうが、見るときに自分の足などを見なくて済むので快適と言えます(笑)
180度撮影のVRパンチラ

※180度の映像を360度の映像に変換しているため、後方カメラ部分に当たる左右が黒くなっています。


では今後は180度のVR動画を撮影しよう。と思っても世の中そう簡単ではありません。
カモフラが困難を極めます。


VR動画の撮影が可能なカメラは、とにかく撮影範囲が広くてレンズも飛び出ている関係上、従来のカモフラとは全く異なる方法を考えなくてはいけませんでした。

安全性(もちろんヤラセなのですが。笑)と撮影品質のバランスがむつかしく、上の画像はカメラを見つめられたら不安を覚えるレベルです。
かといってにすれば、様々な副作用に悩まされる日々が続きました。
VRカメラのカモフラ失敗例
※副作用の一例


そしてなんとか実用的なカモフラ(しつこいですが、もちろんヤラセですよ。笑)に目途が立ったとき、こう思いました。

「どうせなら3D=立体視のVRパンチラ動画が見たい」と。

馬鹿でしょうか。(笑)ですがVRゴーグルと3D動画の組み合わせはごく自然で、手軽に3Dパンチラを楽しむことができますし、
VRでしかも3Dなら臨場感もかなり高いだろうと思ったのです。

試しに3Dで撮ってみたら、これがまた素晴らしい臨場感なのです(笑)

3D-VRパンチラ
※360度画像の3Dトップアンドボトム形式ですが、完成度が低いため元画像のアップは自粛します。

しかしこれが本当に試行錯誤で、3D撮影したものの納得のいく綺麗な3D画像にならず・・・
まだプロトタイプとしか言いようのないレベルです。

昔はじめて3Dパンチラ動画を扱ったあの頃よりも、VR動画というそもそも分からないことだらけの形式に戸惑っており、
3D-VRパンチラの実用化(?)には少し時間がかかりそうです。


3Dではない普通のVRパンチラにしても、自由にテロップを表示するには結構手間がかかる加工が必要だとか、
まだまだ課題は多いと思いますが、1つ1つクリアしていくしかないですね。


が、先日こんな記事を書いております。

私は今でも信じています。

VRパンチラが増えればVRゴーグルが普及し、きっと3Dパンチラを楽しむ方も増えるだろうと(笑)
プロフィール

3Dpan2

Author:3Dpan2
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR