FC2ブログ

DL販売のパンチラ動画レビュー【Gcolle オメガさん】悲しいかな引退・・・

しばらく前から心の靄がとれない(笑)私ですが、更に悲しいニュースが・・・。

最近J★モノを出し始めた、オメガさんが引退ですと。

この作品のタイトルにもありますが、
【高画質パンチラ】Part.38 ショップ店員編 (引退作品)
【高画質パンチラ】Part.38 ショップ店員編 (引退作品)

本文にも
>突然ですが、この作品をもって引退します。
と。

昔から店員モノが目立ち、J★モノは少なかったわけですが、最近チラホラと出てきて
相変わらずの高画質で今後も期待していたのですが・・・

残念です。

よって、最後のJ★作品となったこの作品。
【高画質パンチラ】Part.37 制服編
【高画質パンチラ】Part.37 制服編

内容はシンプルで、買い物中にあたりをうろちょろしながら後ろから狙うわけですが、
・画質の良さ
・画の落ち着き具合
・1回あたりのPタイム

これらは新米には見られない安定したクオリティで良かっただけに、

しつこいですが残念です(笑)

こちらは1人目の白パン娘。
オメガさんJKラスト 1人目

お友達と買い物中、という平凡なシチュエーションですが、それを適度な距離でしっかり収録する
これすら出来ない人が多い中で、高い安定度をお持ちだっただけに、もったいない。
ついでに、撮っている現場を想像して諸々共感していたのですが・・・


そして2人目。
オメガさんJKラスト 2人目

わざわざこのスカート丈の娘を選ぶあたり、オメガさんにとって何か惹かれるものがあったのでしょうか(笑)
(安心してください、履いてますしピンクのPが映っていますよ。)

ちなみに個人的にはこのくらいのモデル(至極まともな普通の娘、もう少しスカートは短くしていただきたいですが。笑)は好みですから、その点でもオメガさんに共感する点はありました。

途中、カメラを床に置いてローアングルを狙うあたりも、ついやりがちな(怪しい動きになりやすいと分かりつつも、良い画が撮れると期待してしまう)共感ポイントですし、
物を落としてせっかくかがんだのに、カメラの位置からズレて映らなかったとか、本当に”あるある!”状態です。
(ちなみにこの時、内心「クソッ」って思っているはずです。笑)


と、このクオリティで長く活動されていれば、いつの日かとても良い娘・タイミングに出会い、
オメガさんご自身にとっても自分史上最高とも思える作品が撮れるのではと勝手に思っていたのですが・・・
だからこそ、引退は残念です。


障害物によるケラレが一向に無くなりそうになかったのは残念ですが、
このようにJ★モノのこれからに期待をしていたわけですから、しつこいですが引退は残念です(何度目でしょう。笑)。


ところで、上の作品前後の店員モノも買ってみましたが・・・

【高画質パンチラ】Part.36 ショップ店員編 
【高画質パンチラ】Part.36 ショップ店員編 

後ろからの映像のみで、話しながらフロントを狙ったりしたシーンがなかったのに驚きました。
もっとストレートに言えば、拍子抜けしました(笑)

店員モノ=話しながら前から

この思い込みがあったのは、私だけでしょうか。
昔オートネットで人気を誇った方々の店員作品の印象が強すぎて、まさか後ろからだけだとは想像もしませんでした。


ちなみにこの女性はサンプル画像のとおりやる気のないような表情・態度かと思いましたが(笑)
オメガさん店員36
やるべきことはやっていて、マネキン相手に格闘しているときにじっくり撮られたり、
しゃがみシーンで生Pのアップを披露してくれたのが良かったです(笑)

まぁ、店員モノは全然見ないので、私が下手に感想を書くのは申し訳ないので辞めておきます(笑)

しかし、こういう何かに夢中になっている娘がいて、その娘にフォーカスして撮影するという事が、
個人的には好きな内容です。
ただ単にカメラを引っ提げて撮っているだけの内容より、撮影者が何を撮りたかったのか、
どう上手く撮ろうと工夫したのか、そういうのが伝わってくる映像に今後も出会いたいものです。

オメガさんの引退は個人的には残念ですが、今後も素晴らしい作品に出会えることを期待しつつ、本日は以上とさせていただきます。

・・・そういえば、引退は販売だけであって撮影は続けるのかな?(笑)
スポンサーサイト
[PR]

記念すべき300記事突破

タイトルにも書きましたが、この記事が300記事目となりました。

3Dパンチラビデオ研究会などと名乗っている関係で、3という数字には特別な思いもあり、
ある企画も考えて準備を進めていたのですが、諸々の事情でそれは自粛します。

300記念企画
300記念企画

予告していた方には申し訳ありません。
近い将来、再度内容を検討します。


さて・・・話を変えまして、ここ数日改めて感じたことがあります。

それは、「撮るなら最大限、画質を良い物にする」という事です。

理由は単純で、撮ってから数年後に見ても古く感じない映像が望ましいからです。

画質変遷 Ver.5

具体的には、時折数年前のお気に入り自作品を見たりしますが、時代によって画質傾向が異なるので
最新の機材と同じ画質にはならない(=毎年良くなっている)ですが、
画質が良ければ『古臭くて使えない』事態にはなりにくいということです。

また、良し悪しは別として最初から販売目的で撮る方もいると思いますが、その方々に関しても
古臭さを感じさせなければ、何年寝かせても良いと思うわけです。

端的に言えば、長く寝かせれば寝かせるほど安全性という観点からはメリットがあるのです。
それを可能にするための課題の1つが、画質だと考えます。
(他にもモデルの容姿や周辺に映り込むものまで見て判断する方もいらっしゃるでしょうが、本日は流します。笑)


ここからはワインに例えてみますが、ワイン同様に寝かせると言っても向き不向きがあるもので、
熟成に耐えるポテンシャルを持つものもあれば、若いうちに飲む方が良い(早飲み)タイプに分けられ、
数年経ってもなお楽しめる映像と、数年経ったらただ古臭いだけの映像に二分化できます。
いや、もしかしたら20年30年といった長期熟成に耐える作品が出てくるかもしれませんが(笑)

『作ったものはすぐリリースしてもらわないと買わない』と言う方もいると思いますが、
作り手としては熟成に耐えられない物でもない限り、慌ててリリースする必要はないわけです。

いずれにしても、いつ頃まで熟成できるか適宜チェックできるのは作り手に限られます。


撮り師の皆様におかれましても、早飲みタイプばかりではなく、少し熟成させてからリリースするような
作品を作られることが、長い目で見てこのジャンルの益々の発展につながるのではないかと考えます。

その為には、画質に限らずですが少なくとも現時点で最高と思える作品を生み出す必要がある・・・
生意気にもそんなことを考えております。


ただ、人によっては販売意思が全く無いのですから、いくら熟成したとしてもリリースしない=表に出ないなんて事もあるかもしれませんし、そもそもGcolle上の商品は全てヤ〇セだから熟成など必要ない!というご意見もありそうですが、


願うのは本ジャンルの明るい未来であり、その為には画質の追及も必要。
もう悲しいニュースを見たくないですし、ニュースの裏にはもっと辛い思いをしている人がいるわけで、
そのようなことにならないように…シンプルにただそれだけを考えております。

ガチの作品は存在しないはずですが…これはフィクション作品にも通じるものがあると考えています。
以上、戯言でした。

DL販売のパンチラ動画レビュー【Gcolle Fukaseさんの文化祭モノ】

冬真っただ中ですが、Gcolleに夏のお祭り作品が出てきたので見てみました(笑)

例によって過去にも感想を書いている、Fukaseさんです。
《パンチラ》制服ローアングル★9
《パンチラ》制服ローアングル★9

例によって、タイトル上お祭りとか書かれていませんが、サンプル画像を見ればわかります。
明らかに文化祭だと(笑)

今回、購入前から2つ気になることがありました。

1つは本文に記載の「こちらは新作です」の文字。
一体、いつ撮った作品なのだろう・・・と(笑)

もう1つは、恐らく立ち話中であろうシチュエーション
もしかしたら、じっくりと女の子に密着して撮影された作品なのでは・・・と。

早速見てみました。

感想ですが・・・

新しすぎ(笑)
おいおい、これ撮影2XX5年でしょう・・・何故こんな平然と売りに出せるのか信じられません!

顔モザなし(むしろ一切モザなし)
音声あり(結構割れてて聞きにくいですが)、
そのうえ最新映像ですから、逆にこっちが心配したくなるくらいです。

あ、そうかGcolle上の作品は全てヤラセ・フィクションだから問題ないのか(笑)
FukaseさんVol.9 ?
あまりにもリアルなのでガチと誤認しそうですが。いや万が一ガチだったら、まだこの娘は(以下強制終了)

それにしても、一時は3年とも言われた寝かせ期間は、今では古いのでしょうか・・・
過剰な新作競争は問題につながりそうで、少々先が心配になります。



さて、内容については想像通りで腰を据えての撮影です。
終始ベンチのようなところに座って、隣でペチャクチャしゃべっているJ★達を静かに撮り続けています。

あまり動きがないので趣味が分かれそうですが、私はこういうシチュエーションも好きです(笑)
FukaseさんVol.9 立ち話中

後ろ(横)にいる男に目もくれず、自分たちの世界に入っている小娘達にカメラを向け、
それを「自分はただ文化祭に遊びに来て、ただ自然な体制で座っているだけ」等と考えながら、
胸を熱くし鼻息が荒くなる・・・

そんな現場が想像できます(笑)
※あくまでも想像です、違ったら申し訳ございません。

下衆な言い方ですが、ただカメラを置いているだけなのに女の子達が楽しそうに続々とカメラにPを披露する・・・
全てそれだけではつまらないですが、そういう女の子を転がすような撮影もまた楽しいものです(おい)

それに変に動くよりも女の子達の自然な様子を撮れ(+本人も隣で話している会話を楽しめて楽しい。笑)ますし、
画的にも慌ただしくないのでじっくりPを堪能できます。

ついでに、馬鹿みたいに短いスカートのおかげで、スカートのポケットに手を入れたこの娘は
FukaseさんVol.9 自己P披露事故
自らPを披露してくれます(笑)

ただし、この娘たちは落ち着きがないため、入れ替わりが激しくなっています。
要は、意外とじっくり楽しめるシーンが少なかったというのが本音です(笑)

ただ、シチュエーションは好きなので、続編があるなら是非見たいです。


ところで、お気づきの方も多いと思いますが、どうしてもケラレが気になるのは私だけではないはず(笑)

ケラレで視界が狭められるのは、恐らくFukaseさんご自身も感じることがあったと思いますが
「もっとセッティングにこだわっていれば、もう1人映ったのに・・・」という後悔につながるわけですから、
出来ることは最大限する、その為にもケラレは徹底的に無くす方が良いと思うのです。


まぁそんなケラレとか、十分と思われそうなこの画質について要望(笑)を言うのは私くらいなのでしょうか。
ですが個人的には、ここまで来たらもう1歩上を目指してもらえるとありがたい・・・というのが本音です。

とはいえ、続編が出たら即買うと思いますが(笑)

Bでも楽しめた作品を思い出してみた

前回の記事でBの利用価値について書いてみましたが、
少なくともコメントを頂けた限り、みなさんBには否定的のようでホッといたしました(何が、笑)

しかし、このようなコメントもいただいております。

『シチュエーションによっては使える』
有名な撮り氏の方から頂いたコメントで、自炊(笑)限定とはいえ一理ありますよね。

しかし個人的には、シチュエーションは最高でもやはりBでは価値が見いだせず・・・
ボディペイント B娘
文●祭の出し物でJ★がすぐ横で色々としてくれるサービス(笑)があって最高だったものの、
中身がBというだけでやはり利用価値が見いだせず・・・結局使えず仕舞い。

ということで、ここにもう1つこの条件が個人的には必要だと考えます。
『ハミ出てる』

先日の記事でも書きましたが、ハミ出ている事で辱めることができます(笑)

「ふっふっふ、結局隠しきれてないではないか・・・余計に恥ずかしいだろう。」
等と一人でほくそ笑みながらツッコミを入れる姿を想像すると、最低の人間と言わざるを得ませんが(笑)

そんなわけで、過去にBでも抜けた映像を思い返してみました。

1.オートネット リンリンさんの逆さでクエスチョン
(声かけ)マイスターオリジナルパンチラ vol.96 (高画質)
※本家販売終了につき、オリジナル版から拝借(笑)

みなさんもご存知の名作、文化祭でのお尋ねモノです。
B率が高いですが、階段というロケーションのおかげかハミ率も高く、
リンリンさん 重ねハミ
こんなカメラに顔を映りこませながら大股開いてサービス(?)して撮影者と話している小娘の姿を考えつつ、
その娘を前に撮り氏の高ぶる心(恐らく本人も興奮)を想像すると、もう胸が熱くなります(笑)

これも上で書いたとおり、シチュエーションとハミのダブル効果でBでも使えたという事ですね。
ただ、生P娘も多数収録されていますし、そっちの方が使った回数は多いのが事実ですが(笑)
リンリンさん 生P
やはりこの猫耳娘が一番。


2.オートネット スカートめくり隊
(高画質)マイスターオリジナルパンチラ vol.36
※こちらも本家販売終了につき、オリジナル版から拝借(笑)この娘も良かったですね。

今でこそ増えましたが、スカートめくりというシチュエーションがプラスに働いています。
しかも階段でめくっているので、プリプリとした魅力的なヒップとその動きを堪能できます。
スカートめくり隊 Vol.7から重ねハミ
「あ~あ、こんなに盛大にめくられているのに気付かない、しかも余計に恥ずかしい状態だなんて、哀れだ(笑)」
しかもスカートめくり隊さんは、「重ねだと怒って激しくめくっているようだ」といった当時の解説もあり、
余計に「素直に生Pでいれば良かったのに」と言いたくなります。

とはいえこのシリーズも、結局一番抜けたのはVol.7ラストのこの娘なのですが。
スカートめくり隊 Vol.7から生P

めくり&声かけ&白P&明るい映像・・・この娘には何度世話になったことか。

どうでも良いですが、Gcolleのランキング常連となっているピンクの時計さん
part12【制服オンリー】奥義スカートめくりパンチラ
part12【制服オンリー】奥義スカートめくりパンチラ
このスカートめくり隊さんの影響を強く受けているのではないかと思ってしまいます(笑)


3.その他スカートめくり~バレ作品
Gcolle時代になって、めくり作品も多数出てきましたが、

わらわらさん
【フルHD】靴カメ君が行くPart206【JKめくり手撮りあり編】

スカートひらり(AYN)さん
究極の逆さ24
※この娘、本当にナンパしてヤリ逃げしたのだろうか・・・まさかね。笑

芋好きにはたまらないこの感じ(私は決して芋が好きという事ではありません、平均的な娘が好きです。笑)の娘たち、
本人はさておき周囲から何故怪しまれないのか不思議に考えながら、結局果ててしまうという謎の現実に苦しみます。


ただ何度も言いますが、多数生Pの作品がある以上、わざわざハミを買う必要はないわけですが(笑)
めくり撮りパンチラ part11 7W
後日感想を書きたいと考えていた、ふくろうさんの白Pセレクション(笑)
やはりPといえば白Pでしょう。



だらだらと書いてしまいましたが、結論。

Bであって、個人的には特殊なシチュエーションとハミが十分なら使えなくはない
でもやはり生Pとは雲泥の差がある。


生P>>>超えられない壁>>>Bハミ>>>B
そんな当たり前のことを生意気を申し上げてみました(笑)

Bに利用価値はあるのか

先日の記事で、こんな一言を書きました。

「B(重ね履き)って、一般的に(マスターベーションに)使われるのか?」

昔から、Bであれば「なんだBか・・・」と落胆し、常に生Pを求めてきた者からすればBは論外であるものの、
あくまでもそれは私個人の意見にすぎません。
じゃがバタ B娘
せっかく明るく撮れたのに、中身が暗いBでは・・・

しかし、パンチラファンの嗜好性というのは千差万別、だからこそ意見がぶつかり合い楽しいですし、
議題によってはいつまでも分かり合えないジャンルでもあると思うのです(笑)

が、ことBとPについては、大半の方が B<<<越えられない壁<<<P である気がしてなりません。
じゃがバタ スケP娘
上の娘の相方 やはり白Pが一番

そもそも何のためのBかという背景を考えると、昔からブルマーそのものに魅力を感じる人と、
一方でただのPガードという面で捉える人とで、大きく意見が異なっていたのかもしれません。
(個人的には、少年時代に先輩・クラスメイトのBでアソコの膨らみやハミを見たときは(中略)ですが、今となってはPガードの印象しかないのでネガティブです。)

懐かしのPoWeRs!さんのBBSでも、ばんぐさんというお方がPとBを明確に分けてB作品を大量アップしていましたし、
Bでも抜ける方がいるとも聞いたことがありますので、もしかすると一定のニーズはあるのかもしれません。
Pbang Bbang
P映像とB映像は、昔から明確に分けられていました


また、個人的には論外と申し上げたBも、存在自体を全否定するつもりはありません。
Bが重要な役割を果たす(スパイスになる)時もあり、特に複数日のストーカー撮りでは魅力が増すとも考えられます。

やってみればわかりますが、いくら生P娘でも3年間100%生Pだった娘を私は1人しか知りませんし、
必ずと言っていいほどJ★にとってBは通る道だと思います。

避けては通れないBとの闘い(?)、今度の記事では昔の映像を思い出しながら、抜けたB映像があったか振り返ってみたいと思います。

DL販売のパンチラ動画レビュー【Gcolle ホットシティーさん】

ふと、気になったことがあります。

「B(重ね履き)って、一般的に(マスターベーションに)使われるのか?」

と。そもそも一般的にという表現が正しいかわかりませんが(笑)
そう考えた理由は、下の動画を見たからです。

最新版に編集!!奇跡の2カメ同時撮影ローアングル※完全オリジナル※フルHD・HOT娘のオマタ事情no63の②
最新版に編集!!奇跡の2カメ同時撮影ローアングル※完全オリジナル※フルHD・HOT娘のオマタ事情no63の②

作者はホットシティーさん。過去に別名でご活躍されていた方です。

ホットシティーさんは昔から、2カメ同時撮影とか収録フォーマットの改良など地味に良いところがあって
お世話になっていたのですが、上の作品を見てみると・・・

ホットシティーさん no63その1
Bですか・・・と。
(そもそも暗くてBなのか黒Pなのか判断つきませんが、そういう時は一律B判定)

もう少しわかりやすいシーンがこちら。
ホットシティーさん no63その2

これは最初の静止画シーンです。
余談ですが、この静止画も画質に難ありですし尺稼ぎ的な印象も受けるので、個人的には残念ですが・・・
>今回もリクにお応えして
>冒頭に写真いれました!

とホットシティーさんが言われているので、文字通り受け取るならばこういうリクエストが多いようです。

ただ、そもそもBであれば個人的には守備範囲外なので(笑)
※BはPではない=パンチラではない。Bフェチの方には申し訳ないですが。

たまたまこの作品がBなのか・・・と思い、他にもつまんでみました。

今度はこちら。
最新版に編集!!ワカメwダブルパンツ!遺跡のひざ曲げパンツw※完全オリジナル※フルHD・HOT娘のオマタ事情no67
最新版に編集!!ワカメwダブルパンツ!遺跡のひざ曲げパンツw※完全オリジナル※フルHD・HOT娘のオマタ事情no67

早速中身を確認しますと、
ホットシティーさん no67その1
またB・・・

2作連続Bは辛いです。

そもそもBなので守備範囲外ですが、撮り方も重要なところ(スカート内)がセンターに来ていなくて、見えそうで見えないジレンマを抱えています。
安定して見えるシーンはほとんどないのも残念です。

ここまで来て、冒頭の疑問に至ります。
「B(重ね履き)って、一般的に(マスターベーションに)使われるのか?」
と。

ホットシティーさん、昔の別ネームの時は白Pとか2カメとか楽しめる点もあったのですが、
今回の2作は残念だったという印象がぬぐえません。

もしホットシティーさんがBフェチになられてしまった(もともとそうだった?)ならば、悔しいです(何が、笑)。

何よりも、BとPの区別(明記)をせずに商品を販売されているのであれば、そこは見る側にとって
最も敏感に反応するポイントの1つのため、明確に記載された方が顧客満足度が上がり、
長い目で販売する側にとってもメリットがあると思うのですよね。

以上、ハイアングル、ローアングルの2アングルを実用化して楽しませてもらったあの日々を思い出しつつ、
また(良い意味で)新たな驚きを与えて頂ける日を楽しみに、少し甘めの感想とさせていただきます。

シンプルにこの2作だけの感想を書くとしたら、Bで使えない・画質良くない・撮り方が甘い・・・とか、厳しいものになると思います。

DL販売のパンチラ動画レビュー【Gcolle シャルリンさん】

三が日に買ったGcolle作品の中で、今までに感想を書いていない方がいます。
それが今回のシャルリンさんです。

過去につまんでみたことはあるものの・・・ネガティブな印象が残っていたので、
新年に入り良くなっているかチェックしてみました。

買ったのはこの作品です。
都会はミニスカのパンチラ宝庫☆ 22
都会はミニスカのパンチラ宝庫☆ 22

都会はミニスカのパンチラ宝庫・・・ええ、ごもっともです(笑)
だからこそシャルリンさんをはじめ遠征するわけですが、

感想を一言。

うーん・・・相変わらず見にくい&物足りない

歩きながらの靴カメと聞けば、安定感と実用的なシーンに欠けることは容易に想像できますよね。

シャルリンさん 歩きシーン
着地シーンでもこれだけ映っていればまだ良い方、と思う方もいるかもしれませんが。

サンプル画像を見れば、良く撮れているように思えるのですが、これこそ静止画切り出しの罠です(笑)

ついでにシャルリンさんは、サンプル画像と比較して本編の画質が劣る(ボケ)ているような・・・
単にサンプル用に縮小したからというよりも、これは動画エンコードの質が悪い為だと思われますが、

変に受け取られないためにも、サンプル画像は本編と同じ画質にした方が宜しい気が致します。


話を戻しますが、靴カメならわらわらさんみたいに静止しているシーンを良く撮る方なら使えるでしょうけど、
追い撮りで靴カメ・・・何故?と思ってしまいます。

たまたまこの作品が追い撮りが多かった、と言うことではなく、他の作品も追い撮りが目立ちますので、
個人的にはこの内容を撮りたいなら、鞄+ワイドアングルCAMの方が向いているのでは・・・と思います。

ただし、誰かさんは靴カメを使いこなすプロの方には尊敬の念を抱いておりますよ。
靴カメ4K3D
トライしたものの、結局追い撮りするのに向かない&Pまでの距離が遠くて・・・辞めちゃったとか(笑)

そんな事を考えつつ、本作がヌけたのか否かというと・・・
残念ながら私は使えませんでした。

モデルの顔・雰囲気もわかりませんし、Pがじっくり撮られているわけでもありません。
更には、悲しいことに撮影者の顔が映りこんでいるシーンがあり、完全に興ざめしてしまいます。

良かった点を挙げるとしたら、屋外の明るいシーンは比較的鮮明(ただしエンコードで潰れている)という点・・・

以上です(笑)

遠征してでも都会のミニスカ娘を撮りたい!

この気概があれば何だってできると思います。

遠征は機材の入念な準備に加えて、狙いを絞ってから現場の下見+緊急ルート(笑)の下調べも必要であり、
決して安くない交通費・宿代といった金銭的負担も大きいわけですから、容易ではありません。

それを最大限に生かしたより良い作品が出てくる事を期待しつつ、この感想とさせていただきます。

三が日に買って見た作品の感想

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2016年、こんなパンチラの楽しみ方が流行る?

毎年正月に、今年流行りそうなパンチラに使えそうな技術等を考えていますが、

2016年は、期待をこめて(期待しかない、笑)、こんな楽しみ方をご紹介してみます。

ずばり、スマホで3Dパンチラに没入です(笑)

2015年、こんなものを買ってみました。

Google Cardboard I/O 2015(グーグル・カードボード)
Google Cardboard※画像はamazonより抜粋

何をするものかと言えば、スマホでVR(バーチャルリアリティー)を楽しむためのグッズなのですが、
これを使うと、スマホで3D動画が楽しめるのです。

早速、3Dパンチラ動画を見てみました(笑)

スマホ画質&オモチャのようなグッズですから、あまり期待していなかったのですが、
これが意外と楽しめるのです!

大型テレビで見る3Dパンチラや、本物のHMD(ヘッドマウントディスプレイ)と比較してということではありません、
あくまでもこれはこれで、ですが。

寝っ転がって仰向けにこのゴーグル&スマホで見る3Dパンチラは、何か五感に訴えるものを感じます(笑)

何よりも手軽に始められることが、従来にはないメリットだと思います。

上のグッズは1,500円、あとはスマホがあれば3Dパンチラが見れるのですから、
これが広まれば、3Dパンチラの魅力も広がるのではないか・・・

そう考えるのは私だけではないと思います(私だけかもしれませんが、笑)。

と言う分けで、早速3D撮影した動画を用意してみました。
(前回アップした動画を、今回のグッズ向けに変換したものです)
バス停でのしゃがみシーン
バス停でのしゃがみシーン
※3D再生にはスマホと上のようなゴーグルと組み合わせてご利用ください。

ちゃんと立体感が表現されているでしょう(笑)
落ちた小銭を拾ってすぐ立ち上がってしまうので、しゃがみシーンは一瞬ですが、
リピート再生で楽しんで頂くと、初めて3Dパンチラを見る方もじわじわと良さを感じて頂けると思います。


以上、このグッズ(その他スマホ用VRゴーグル等)の普及で、3Dパンチラへの魅力が広まらないか・・・
そんな夢を描いてみました。

その上での問題は、3D撮影してくれる撮り師が出てくるかどうかなのですが・・・(笑)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

2015年はあっという間に終わってしまった気が致しますが・・・

2016年は若い娘のPが沢山楽しめる良い年になりますように!


そんな願いを込めて、昨年の正月同様なにか気になる商品を探してつまんでみるかと思い、
Gcolleのパンチラジャンルで価格の高い順に探してみたところ、

昨年に引き続き、今年もコレが発売されていました。
マイスターオリジナル福袋 2016
マイスターオリジナル福袋 2016

詳細は昨年の記事に譲りますが、販売方法が昨年と全然変わっていない(笑)
ついでに、画像上の価格は77,000円となっていますが、実際には67,000円で販売中・・・どっちにしても手軽に買える金額ではないという。


・・・これを買う人はどんな方なのでしょうか。
そもそも、元作品を持っている方にとっては無用の長物だと思いますが(笑)


さて、今年の初ヌキはどの娘にしようかと思ったのですが・・・

結局定番の娘にしてしまいました。


定番のフロント1
パンッ、パンッ(笑)


ええ、この娘です。

詳細は過去の記事1過去の記事2に書いていますが、何年も前からこの娘を超える内容に出会えず・・・
そろそろこの手の内容の新作が見たい!(他力本願)

そのための撮影研究は出来ませんが、今年は別の研究をしていきたいと思います。

そんな研究に関する、2016年の予想・目標は、また近日中にじっくりと記事にしたいと思います。


本年もマイペースに好き勝手な記事を書いていくことと思いますが、
どうぞ宜しくお願い致します。
プロフィール

3Dpan2

Author:3Dpan2
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR