FC2ブログ

Gcolleで文化祭パンチラ作品を探してみた

秋の文化祭シーズンだからか、少し前からGcolleに文化祭モノが出てきました。

・・・なんだか急に扱う人が増えた気がするのは私だけでしょうか。

それはさておき、以前から文化祭系は全て見てきているので今回もチェックしています。
例えば下の方々の作品です。

このジャンルでは先頭を走ってると言えるヤマトさんの作品、
覚醒の刻14
覚醒の刻14
※文化祭シーンが結構良かったので、後日記事にしたい・・・出来れば(笑)


以前記事で触れて以降、全作買い続けてきているFukaseさんの作品、
《パンチラ》女子高生JK風★5
《パンチラ》女子高生JK風★5


そして、以前記事にした別の作品では微妙な印象で終わっていたWater。さんの作品、
【Full HD】 制服jkちゃん 12 (文化祭編)
【Full HD】 制服jkちゃん 12 (文化祭編)※後編

この他にも過去作は文化祭カテゴリーで見てもらえればと思いますが、
今回はWater。さんの作品について触れておきます。

上でリンクした作品は後編、下の物が前編で、2部作となっています。
【Full HD】 制服jkちゃん 11 (文化祭編)
【Full HD】 制服jkちゃん 11 (文化祭編)※前編

感想をまとめてみました。

・内容的に後半のほうが好み
Water。さんの文化祭作品 内容
サンプルにもありますが、追いかけ撮りでしっかり白P娘を捕らえています。
しかし、他に見どころっていう見どころは・・・これ以上は自粛します(笑)

こういうのが好きな人は、それだけでも買う価値はあるかもしれません。

・画質は良いわけではない
Water。さんの文化祭作品 画質
もともとかは不明ですが、ビットレートが低くブロックノイズが目立ちます
ただ、明るいシーンでは比較的クッキリ見えます。

・ケラレは残念
上の画像の通りですが、ちゃんと見せるべき部分は収まるように撮っており、ある意味上手いです(笑)

・文化祭以外の映像を混ぜないで欲しい
こうして混ぜ込んでいる作品って多いですが、前編冒頭のコンビニシーンとか不要だと思ったのは私だけですかね。


価格も650円(2015/9/27現在。1作あたりですので前後編で1,300円)とそれほど高くはないので、結果的には文化祭好きなら買って損はないと思えるようなレベルには達しているとは思いますが、

一方で感じるのが、・オリジナリティは少な目だということです。
追いかけ撮りがメイン、しかもこの景色・・・以前ヤマトさんの映像で見ましたよね?(笑)
Water。さんの文化祭作品 ロケ地

ええ、同じロケ地ですね。

・・・たまたまですかね、たまたま。(笑)
きっとWater。さんなりに撮りたいものがあって行かれたのでしょうが、
せっかく撮るならヤマトさんが撮らない物を撮れば良いのにと思ってしまうのが本音です。


このように、複数の方が同じような所を狙ったからかは定かではありませんが、気になるコメントをいただきました。

事実確認は取れませんが、昨日行われた某有名校(?)の文化祭で逮捕者が出たとか・・・?

どのような容疑なのか、詳細も不明ですが、本当に困ったものです。

まずはGcolleで販売中のヤラセ作品(Gcolle作品はヤラセなので安心。)を楽しんで、
どうしても物足りないという人だけ撮・・・いや駄目ですね(笑)、失礼いたしました。


ひとまず、Gcolleに出していた人ではないことを願いつつ、新作をチェックしていきたいと思いますが、
一方で急に販売終了になればそれはそれで何かあったと考えざるを得ませんね。

あとは、そういう話がGcolleの存在自体に悪影響が出ないことを願うばかりです。


そういうこともあるので、欲しい作品は早く買っておかないといけない・・・
結果的に、この時期はGcolleから目が離せません(笑)
スポンサーサイト
[PR]

ヤマトさんが帰ってきちゃった(笑)

ええ、タイトルの通りです(笑)

恐らくここをご覧いただいている方は皆様ご存知でしょう。
あとGcolleで文化祭作品を多数扱った、あのヤマトさんがGcolleで活動再開されています。
お名前が変わって、今ではヤマト2世さんになっております。
既に何作か買っておきながら記事にしておらず申し訳ありません。

最新作はこちら。当然文化祭モノが好きなものとしては今年もコンプリートを目指しますが(笑)
覚醒の刻13
覚醒の刻13

このサンプル画像だと全く中身がわからないのですが、そこは相変わらずのヤマトさんのセンスです。

なお、ヤマト2世さんが本物かどうかというお話も何件かいただいておりますが、
撮り方・ロケ地(笑)・登場モデル・画質傾向といった見てすぐわかるポイントも多数ですが、
エンコード設定などの技術面が同一でしたので、本物とみて間違いないと思います。

さて、肝心の中身の感想ですが・・・

相変わらずのロケ地&モデル選定で、安定した出来になっています(笑)

ただ個人的には、上の13より下の12作目の方がツボにはまるところもあって好みでした。
覚醒の刻12
覚醒の刻12

このサンプルでは中身がさっぱりわかりませんが(笑)

この動画、登場人物は2人で、しかも1分少々の内容なのです。

それで666円(購入当時)は高くないか?と思われる方もいるかもしれません。

ですが、本作は明確にこの娘を撮りたいという意志をもって撮っていることが想像できます。
もっとわかりやすく言えば、撮っている側の立場に感情移入しやすい作品ともいえます。

特にこの部分。
ヤマト2世さん12作目 下駄箱シーン※25秒ごろ

この人の少ない下駄箱で、しかも狭いスペースで女の子の後ろに立つ・・
誤魔化すことはもちろん出来ても、怪しまれかねないポイントの一つ。

ですが、下駄箱って良い場所で(笑) ここは比較的明るめですし狙いたくなる気持ちがわかります(笑)

ただ、ちょっと肩透かしだったのは、土足をしゃがんで手に取る(=しゃがみゲット)かと思ったら・・
上の画像の通り、しゃがまずに履き替えてます。

きっとヤマトさん、アテが外れたと思います(笑)


それをカバーするかのように、そのあとの階段ではまた人が少ない中でガンガン攻め込みます(笑)
ヤマト2世さん12作目 階段シーン※1分過ぎ

これも・・やりがちです、ついつい(本当は駄目ですが)周りが見えなくなる瞬間ですよね(笑)

もし上から対向車が来れば、明らかに怪しい状況といえますが、こうした捨て身のアタックのおかげで、
ピンクPをしっかりゲットされているのですから、ここは素直に歓迎したいポイントです。

願わくば、何故かこの12作目はエンコード時にアスペクト比が4:3(上下に黒い帯が入る)設定になっているので・・・
13作目のように画面いっぱいのフルサイズを高画質で見たいなぁ・・・と(笑)


このように、オーソドックスな撮りはもはやそつなく熟されているヤマト氏。
その後継となるべくか、最近Gcolleで文化祭モノがチラホラ出てきているので、気づいた限り買ってみました(笑)

その感想はまた次回にでも。


しかし思い返せば今年の2月に引退し、そのとき記事でも取り上げましたが、
あの前にコメントで頂いたヤマトさんがらみの事件(?)は解決したのでしょうか。
それともそもそもデマだったのか・・真相は闇の中ですね。

その後も一旦復活され、その時も記事で取り上げましたが、

結局この世界、真の引退は容易ではないと改めて思いますよ(笑)

上のものは去年の映像のようですが、今年は行かれてるのかな・・・各撮り師の皆さん(笑)

いずれにしても、文化祭モノ好きとにとって、今年も熱い秋を迎えられそうで何よりです。

CGは現実を超えるか

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、当ブログのリンクを更新しました。

それがこちらのブログです。
3DJKパンチラ盗撮ラボ

管理人さんは、リビドー・ラボさんというお方です。
内容については、3Dパンチラという共通点があるわけではありません。

なんと、3DCGでパンチラを描いているのです。

なんたる才能の無駄遣い・・・いえ冗談でございます。

実は以前からGcolleで販売されていたのは知っていたのですが、
街で見かけた超絶劇ミニJKのスカートの中
街で見かけた超絶劇ミニJKのスカートの中

CGこそ、非ガチなパンチラの頂点とも言えるわけで、変な判断抜きで素直に1作見てみましたが、
見終わった後、ハッキリ申し上げてこんな事を考えてしまいました。

『ガチ風ヤラセ作品をGcolleに出品されている方で、変わり映えのない幼稚な内容しか撮れない方は、残念』

と。
本当は残念という言葉以上にストレートに表現したいところですが、今はこれが精いっぱいです(笑)


正直なところ、最近のGcolleは以前よりレベルが下がっていると感じざるを得ない方も多いと思いますが、
良い作品もある一方で、全くをもって金の無駄だったと感じる作品も多いですよね。


このままだといつの日か、最新映画レベルのCG技術が普及したら、
下手なガチ風作品は実写にしか見えないCGに取って代わられるのではないかと想像してしまいました。


あ、忘れてはいけなかったですね。
既にGcolleのランキングには素晴らしいCG作品がランクインしていました(笑)
【撮影バレシリーズPart8】4Kカメラ撮影(19)次世代のバレ動画-いたいけな少女達のささやかな抵抗-
2015年9月22日現在 Gcolle(有料商品)月間DL数Rank 第8位
ぱんつみる夫さんのCG作品(例のバレ作品、笑)

これはリアルすぎて実写にしか見えません。ですが、ご本人が冒頭で
『まるで本物のようなCG映像だ!!』
とおっしゃるのですから、CGなのです。
何の疑いもなく、安心してみられる作品の一つですね。


最後に、CGをリアルに見せる方法の案を一つ、画像を用いながらご紹介します。
これももちろん、まるで本物にしか見えないCGですよ(笑)

ストーリー
1、あるバス停で、超ミニなのですがリュックに妨害されて中身の見えない可愛い娘と出会いました。
まるで本物のようなCG その1

2、なんとか中身を確認したいと願っていると、彼女は小銭を落としてしまい、慌てて拾おうとしました。
まるで本物のようなCG その2
 この時点で、スマホ経由のリアルタイムモニタリングによって彼女が生Pであることを知ります。

3、そして、まさか下に4K3Dカメラがあるとも知らず・・・ものすごい速さでカメラに迫ってきます。
まるで本物のようなCG その3
 撮影者は予想外の展開に満面の笑み・・・を抑えて冷静を維持しています。

4、しかし、残念ながらカメラ激突とはならず、しゃがんだ瞬間はリュックしか撮れていません。
まるで本物のようなCG その4
 ツッコミが甘かったと反省する以上に、これ以上近づいたら怪しまれていたので仕方がないと悔やむのです。

5、しかも立ち上がる瞬間は、カメラの処理が追いつかずこんな画になってしまいました。
まるで本物のようなCG その5

6、その後も逆行&リュック妨害で思うようには撮れなかったとか。
まるで本物のようなCG その6


以上、リアルなCGでした(笑)

何が言いたいか、伝わりますでしょうか。
この事からも分かる通り、世の中そんなに上手くはいきません(笑)
パンチラ作品を撮るときには、是非リアリティを求めて頂けると、見る側として喜ぶ人は多いのではないかと思います。

これからも、リアルでガチにしか見えない安心できるヤラセ動画の登場に期待したいですね(棒読み)

2015年、文化祭パンチラシーズン到来!?

どストレートなタイトルで始まりました今回の記事。

そう、夏休みも明け今年も秋の文化祭・学園祭シーズンがやってきました!


きっと今シーズンに撮られたものを将来出される方もいらっしゃるでしょう・・・
ということを昨年申し上げたので、新作をGcolleで探してみました(笑)


先に結論から申し上げておくと・・・

ほとんど無いようです。


ほとんどという事で、1つ触れておきたい作品があったのでご紹介します。

《パンチラ》女子高生JK風★3
《パンチラ》女子高生JK風★3

作者は、以前さらっと触れたことがあるFukaseさんです。
タイトルのどこにも文化祭などとは触れられていませんが、サンプル画像を見ればわかる方にはわかるかと(笑)

早速見てみた第一印象ですが、

あのヤマト氏が頭に浮かんでしまいました(笑)

ヤマト氏といえば、某地域密着型でいろいろな学校へ行っていたわけですが、あれと共通点を感じます
もちろん全然違う点もありますが、何故か自然とヤマト氏が浮かんだのも事実。
詳しい比較は・・・機会があればすることとします。

ただ、そういう印象もあってか、見終わった後の感想が・・・

「ヤマト氏の名作には及ばないかな」

という厳しめの感想となりました。


理由はいくつかあります。

・音がない
音を消した理由、出せない事情などは容易に想像できます。
ですが想像した理由によるものなら、どうも映像側の処理が中途半端な感じが否めませんでした。

・モデルの顔&容姿を別撮りしてる
ここは良い点なのですが・・・

・モデルがパッとしない
ええ、残念ながら個人的には好みではありませんでした(笑)

・尺、撮れ高、画質はそこそこ
良いものを見すぎたのでしょうか、画質もそれなりという感じが否めません。
後ろから追い撮りをしているシーンが大半、多少階段もありますが、それだけといえばそれだけです。

もう少し、何か魅力があればと思ってしまうのは・・・わがままでしょうかね(笑)


ただ、個人的にツボだったのが、

「・・・この学校、昔行ったな(笑)」
という、10年以上前の記憶がよみがえった瞬間でした。

各地の学校に遊びに行っているとこのような事もあるわけですが、
ちょっと嬉しいような喜べないような、複雑な心境になりました。


以上、Fukaseさんの文化祭作品でした。

今年こそ出て欲しい・・・4K撮影などの高画質で臨場感たっぷりな文化祭パンチラ作品
そして誰か行くのかな・・・各地の文化祭・学園祭。

と思いつつ、全てはもちろんモデル使用のヤラセ作品の事ですからね(笑)
見るだけにとどめ、決して悪いことはしないようにしましょう。

風の強い日

いつも台風が来ると思うのです。

P-VIDEOがみたいなぁ・・・と。

P-VIDEOとは、こちらのことです。
縦長映像を横長フルHDに収録

まだACT-NETがガチ風ばかり扱っていた頃の名作ですね。
個人的には、風チラ物のパイオニア的存在だと思っています。

時代的にもヤラセを疑うこともなく、良い時代だった・・・と思う方は、恐らく同じ世代でしょう(笑)


昔から、こういう事態(風に感謝)を前にすると
「あぁ・・・この見たくても見れない夢のような光景を目に焼き付けたい」
という思いと格闘しながらも、自然を装ったチラ見テクニックを身に着けた方もいるでしょう。

一方で、考えのゆがんだ誰かさんは、電子の目に頼るという構図でしたね(え?)


このシーン左下の男性のように、ガン見出来る方が羨まし・・・くないですよ。

※以上、画像はACT-NETより抜粋


ところで、誰かさんは言いました。

「台風の日は撮る環境を選ぶ」

と。

当然、風チラが狙えると思うでしょうし、それもまた事実ですが・・・

誰かさんの経験上、屋外ではレンズ(with 鴨フラ)が雨粒だらけでひどい画になり、
※直撮りなどでレンズ径が大きい人特有の問題ですが、ピンカメの場合は別の身で致命傷となります(笑)

鞄ユーザーとしては風の影響でアングルは固定しにくく、いつもと違うセッティングを要求されました。
※これも撮り師のスタイルによって変わりますね。まぁ誰かさんの例だそうですが・・・。


昔はそのような悩みとの格闘でしたが、今ではそんな日にJ★の後ろにベッタリくっついて歩いていれば、
誰もが変態だと疑ってやまないでしょう。


本当に、やりにくい時代になりました(何が、笑)


そんな理由ではないでしょうが、風チラ物でなかなか新作・良作に出会えることが少ないですよね、
上のACT-NET本家のP-VIDEOもそうですが、Gcolleでガチ風の作品を探すとこういう感じになってしまいます。
KAZE☆Paradise 02
KAZE☆Paradise 02

販売者はAGAINさん。お名前から何が言いたいのかは、感じ取りましょうか(笑)


こういう市販の作品では物足りず、かと言って手持ちの風チラ系は球数が少なくて見たいとき困りがち、
かつ3D撮影できたものはもっと数が少なく・・・苦労しているのは私だけではないはず。

そんな、3D撮影で一瞬をとらえられたのがこのシーン。
3D風チラ
※3D撮影したパンチラ、サイド・バイ・サイド形式

地下鉄やビル風などに頼らず、あくまで自然の力だけで実現した自然な風チラでガバっとめくれるものでもなく、
文字通り神様のいたずら的な一瞬の出来事なので、撮れた方がラッキーと言いたいほど。
※もうちっとめくれて欲しかったというのが誰かさんの感想らしいですが。いずれにしても目視では白Pを確認できたとかどうとか(笑)


というわけで、かなり前にリクエストをいただいていた3Dパンチラの中から、
上のシーン=たまたま撮れた風チラシーンをご用意してみました。

いつも通りアップ・・・とはせずに、今回はクイズにしてみます。

従来からアップしても見れない・間に合わないという声が多いのためです(笑)
ちなみに、以前CMOS企画さんで出してもらった作品と同じシーンなので、ご覧になった方は見る必要はありません。

さてクイズですが、問題はこちら。
この作品をCMOS企画さんに出してもらった際に、つけた作品タイトルは何でしょうか?

ヒントはございません、想像でお答えください(笑)
応募は非公開コメントでメールアドレスを添えてください。

ピタリ正解の方、またはもしいらっしゃらない場合はこちらの感覚で正解者を選ばせていただきます。
面白い回答、真面目な回答、どっちを正解にするかは決めていません(笑)

風チラ、むしろ3Dが好きな方、ご応募お待ちしてます。
※応募は締め切りました。
プロフィール

3Dpan2

Author:3Dpan2
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR