FC2ブログ

久しぶりにデジテンツへアップした3Dパンチラ作品のご紹介

今回は完全に3Dパンチラ動画の宣伝です(笑)

このブログの目的の一つは3Dパンチラの普及ですから、なんら目的からブレていないのですが、
あからさまな宣伝であることをご了承ください。

さて、今回アップしたのはこちら↓
【4K3D版】文化祭に遊びに来た帰りの娘を撮ってみた Vol.2
【4K3D版】文化祭に遊びに来た帰りの娘を撮ってみた Vol.2

結構前に、この娘のVol.1としてコンビニ編をアップしましたが、その続編にあたるVol.2・帰り道編という感じです。

この娘、ご存知の方もいると思いますが、数少ないVR同時撮影をした娘です。

この作品の魅力はなんといっても、気分によってどちらを見るか選べることです。

高画質な映像で鮮明かつ立体感のあるPを楽しみたい場合は4K3D版を、

真上を見上げ、覗き込む没入感を存分に楽しみたい場合はVR版をと、使い分けができます。

VR版もすでにアップ済みですが、こちらは後日紹介出来ればしたいと考えています。
【4K3D版】文化祭に遊びに来た帰りの娘を撮ってみた Vol.2


なお、本作の娘については若干Vol.1との関係がわかりにくいですが、
時系列で表すと、以下の通りです。

文化祭潜入前にコンビニ立ち寄り

昼飯を買う彼女と遭遇(Vol.1)

文化祭潜入

帰り間際、校門で発見

彼女が帰るまで外で粘る

やっと学校を出る

後をついていく

バス停に到着、2度目の撮影(Vol.2)


こんな感じです。

よって、このVol.2はバス停で長々バスを待つところからスタートです。


さて、ここからは4K3D版の紹介に入ります。
冒頭から、4K3Dならではの立体感を存分に味わえるシーンです。
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)1

このリュックの紐が非常に邪魔ですが、3Dならではの「紐の奥に見えるPを覗き見る」感じがたまりません。
(たぶんマニアにしか理解されないポイントだと思いますが。笑)

ただ、太陽光の影響で若干映像に悪影響を及ぼしており(VR版については特に)
せっかくの4K撮影でしたが、画質が落ちてしまったことが悔やまれます。

4K3D版でも、逆光や乱反射に悩まされているシーンもあります。
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)2

もう一つ悩ましいのが、ビシッと長時間ブレずに固定してとれたシーンが少なく、安定感がちょっと足りない点が残念です。

もはやただの言い訳ですが、4K3D+3D-VR撮影のために比較的大掛かりな機材構成となってしまい、
恐らく通常よりもバレる確率が上がってしまった(それでも最善を尽くし、納得したうえでやっているのですが。笑)ため、
自然と態度に出てしまったのかもしれません。

この反省は、次以降の撮影に活かされています(笑)


そんな大変な撮影でしたが、超広角カメラであってもPとの距離感は縮めたく、なんとかアップも撮っています
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)3

この真っ白なP、ダボダボでもなくピタッとしすぎない加減から生まれる、歩く度に生じるPの表情の変化がまた良いのです。

そんな素敵jなPをじっくりと撮りたいところですが、列が進むたびに歩くため、なかなかじっくり撮れるチャンスが来ません。

そんな中、一度目の狙い目ポイントがここ。
32秒くらいのこのシーンで、軽く足を開いて立ち止まります
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)

ここで撮影者が「よし、Pにズームインだ!(正確にはズームではなく、カメラを近づけるだけです。)」と考え、
Pとの距離を縮めようとしますが、それが逆効果で映像が安定しません・・・欲張らなければ良かったと反省。

続いて50秒くらいから、またまた狙い目ポイントが来ます。
このシーン、逆光を乗り越え非常に明るく撮れています
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)4

まさに光に包まれているかのようです(笑)


その後、彼女がこんな風に斜め横へ向いてしまい、非常に撮りづらく・・・
なんとか彼女の後ろ側に回り、頑張ってPを撮ろうと尽力しましたが、途中で諦めました
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)5

この時、「なんでそっち向くんだよ・・・前向け前!(怒)」と思った事は言うまでもありません。
が、どう考えても若干列を外れながら斜め後ろからカメラを突っ込み続けることは第三者から見れば非常に違和感があるため、泣く泣く我慢しました

そうこうしているうちに、やっとバスが来ました。
当然、彼女が乗るなら誰かさんもその後ろをぴったりとついていくわけですが・・・

後で気づきました。

バスの中の女子、カメラ見てないか?(恐)
※諸事情により画像は載せられません、ご理解願います。

いや、バレたとは限らない上、そもそもあの距離ではカメラとは気づくわけはない
と今でも信じていますが・・・

本作(この娘のVol.2)を表に出すか迷った理由の一つはコレです。

本来、バレているなら表には出さない主義ですが、
そもそもバレているのか怪しんでいるだけか断定できない上、
相手もバスの窓越しで、かつマスクをしているので個人特定には至らないだろうと考え、
今回、思い切って出すことにしました。


・・・そもそも、小心者は機材が大掛かり&目立つ4K3D+3D-VR撮影などするべきではないと思いますが(笑)


話を本編に戻しまして、ここからは彼女が乗るまでずっとついていきます
なかなか立ち止まってくれないため、安定した映像にはならないですが、

じっくり撮れるチャンスと乗る瞬間を狙い続け・・・


立ち止まったところでフロント側までゲット!
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)6

このイヤらしく恥部を包み込むPの形と後ろにかけて出来たヨレ、美しい(笑)

そして乗った後も撮り続けます。
1000円札で払った彼女はお釣りが出るまで先に進めません
3Dパンチラ(VR同時撮影の娘)7

ええ、立ち止まって逃げ場のない彼女を逃すわけがありません。ありがたくいただきます。

ちなみに、薄情な?お友達は先に行ってしまうあたりが笑えます。

やっとお釣りを回収して先に進む彼女を見送り、本作は終了です。

以上、2分超と比較的長めに収録できた本作を、ぜひお楽しみいただければと思います。

今回の作品のポイントをまとめると、

・4K3Dならではの鮮明かつ立体感のあるリアルな映像
・立ち止まった時をはじめ、白Pにグッと近づきホールドするシーンがヌキどころ
・バレているのか、バレていないのか、想像するのがまた恐ろしい

・映像の安定感とPの安定的な取れ具合はイマイチ


といった感じです。

4K3D版とVR版とで、楽しめるポイントが異なったりしますので、次回はVR版のご紹介が出来ればしたいと思います。
スポンサーサイト
[PR]

撮りは引退したけど、販売は続ける。その心は・・・

またまたビックリしました。

前回の記事で、ふくろう様の引退について触れましたが、
鳥はやめても販売は続けるとのことで、一安心された方も多いのではないでしょうか。

早速また新作が出てました(笑)
ふくろうさん続行決定
めくり撮りパンチラ part29 制服JKバラエティ

ただ気になったのですよね。

バラエティってやったら重ねでもなんでも入れていいわけではないと。
いや個人的に生Pに特化されたものが好きなだけなのですが(笑)

あともう一つ気になったことが。
ふくろう様がお知らせの中に書かれていた、
「持ってかれたと思っていたがバックアップが残っていた」
といった内容。

要はマスタを持っていかれた先にも同じ内容があるということですよね。
その上で、堂々表に出せるのは、色々と想像したら不安にならないものでしょうか・・・


いや、きっと私が小心者ということと、めくりをあれほどやってのけるふくろう様が素晴らしいこと、
この2点に尽きるという事でしょうかね(笑)



話は変わりますが、この世界には『単に好きだから』撮ってる人と『お金のために』撮ってる人がいるわけですが、
結構前に、どっちが悪いかという議論をした事がありました。

もう10年ほど前になると思いますが、まだ皆さんこの世界に残っていらっしゃるのでしょうか・・・気になります。

今思い返せば本当に不毛な議論でした(失礼しました、笑)

確か、
・純粋にPの魅力に取り付けれた方が救いようのない悪者
・大した金額でもないのに身を亡ぼすような事をする人は馬鹿

そんな結論(?)に至ったような気がしますし、他の機会でも

・撮ったものは宝物、人にさらすなんてもってのほか

そんな意見もありました。

ただ個人的には、昔も今も変わらず持ち続けている理念が2つありまして、

・現時点で考えられる最高のものを撮りたい
・世界に一つの自分のお気に入りであっても、何が何でも見たいと熱く思っている人には見てもらいたい

これが昔からの理念です。

ただ、1つ目は実現できなければ永遠に引退できないことを表しますし、
2つ目は一時同じ価値観を持つ方と心酔したものの、商売っ気が強すぎると理念と離れる現実があります。

特に1つ目、今の誰かさんは撮りたいと思う理想と現実のギャップに悩んでいるとか・・・
理想の実現は本当にむつかしいです。


そんなことを考えつつ、今デジテンツ等で売られている皆さんは
何を理想として、何がしたくて出品しているのか

昔(録画用のテープ、CCD用のアルカリ電池8本を毎日のように消費して、お金がかかった現役時代が懐かしいですが)と違って今どきの撮影は良くも悪くもランニングコストがほとんどかからないのですから、そんなに販売に力を入れる必要もないのではないか・・・

きっと表に出している作品よりはるかに上物を個人的な楽しみとして残しているのではないか・・・

そんなことを考えながらデジテンツを眺めているのでした(笑)


・・・なんと中身のない記事だったこと、失礼いたしました。

ふくろう様が引退のようです(やらかしたって・・・?)

ビックリしました。

デジテンツを開いたら、出品者からのお知らせ欄に
ふくろう様引退のお知らせを書かれていました。

詳細はリンク先をご覧いただきたいですが、どうもやってしまったようです。

・・・撮影素材を失ったとか、それ以上にもっと大きなものを失わなかったのかと突っ込みたいところですが、
更に傷口をえぐるような真似は控えましょう。


記載内容が真実かどうか証拠はないですし、何をやらかしてどうなったのか具体的な記述はないですが、
大人の対応でそういうことだと(?)想像しましょう。

・・・販売を継続しているという事は、そこは言わなかった&気付かれなかったという事でしょうか。
デジテンツには2作品のみ、この作品もふくろうテイストが満載で楽しめただけに新作が気になっていました。
ふくろうDTさん27
めくり撮りパンチラ part27 プレミアム2

上の作品はGcolleでは販売できていませんが、他の過去作がGcolleに残っているので、気になる人は早めに買っておいた方が良いかもしれませんね。
今更ながら本当に、いつ何があるかわかりませんから(笑)

どうでも良いですが、この作品も好きだったな・・・と。
めくり撮りパンチラ part23 テカテカPは好きですか?
めくり撮りパンチラ part23 テカテカPは好きですか?
感想を書こうと思って結局流れてしまいましたが、ハイウエストPを履くJKは何とかならないでしょうか(笑)
色・デザインも重要ですが、形も大切ですよ(誰に言っているのでしょうか、私は)。


しかし、改めて思います。

やはりこの世界、命がけなのだと。
こういう事が起きると、平和ボケしていた人(決して私ではございません。)も再認識しますよね。


最近はBORMAN様も、バレ作品をアップされていますが、
BORMANさんのバレ
奥にいるオバサン女性が鮮明に映っていて、再生していてこちらが死ぬかと思ったほどです。
見ているこちらが生きている心地がいたしませんでした(笑)

本来は興味本位(?)でこういう作品を買ってニーズがあると思わせてしまってはいけない気も致しますが、
とにかく内容が盗撮風パンチラである以上、最低限のマナー(?)として
撮影がバレないように努めて頂きたいですし、努めたいと思います。

なお、誰かさんは4K60P対応小型カメラ(3Dリグが組める物)が出るまでは引退していると申しておりました(笑)

DL販売のパンチラ動画レビュー【デジテンツ あうてんてぃこ:reさん】何をもって高画質なのか。

DIGITENTSをさまよっていたら、あうてんてぃこ:reさんなるお方の作品が目につきました。

まさかとは思いましたが・・・Gcolleで買った作品がパッとしなくて(失礼)、しばらく手を付けておりませんでしたが、
こちらの作品、タイトルを読んでみてください。
あうてんてぃこ氏 サンプル画像
高画質☆美脚JKパンチラ☆白P(HD動画)

ええ、商品名に、高画質とか美脚JKとか白P等と書いてあるのです。

これは制服&白Pの高画質作品を求める者としてはチェックせずにはいられません(笑)

ですので、早速見てみました。


感想ですが・・・バッサリ書きます。

・見どころは(個人的には)ラストの5秒程度、Pに迫るシーン
のみかな・・・と。

逆に、それ以外は・・・ご本人も説明文に書いてある通り、

見えてるけど…うーん、もうちょっと
>というシーンがございますが、それはそれでチラリズムをお楽しみください♪


ええ、要はちゃんと見えなくてじれったいのをポジティブに書けばそういう事ですよね。


しかし私は思うのです。
カメラの差し込みが甘いとか角度が違っていたという事を、チラリズムと言われてしまって良いのか?と。

チラリズムとは、風などの外部要因やモデルの動きなどで、偶然見えたり見えなかったりする・・・
そういうものではないでしょうか。
まぁそれを言ってしまうと、逆さ撮りはパンチラではなくパンモロだというご意見も出てきそうですが。


とにかく、開き直ってしまってはご自身の撮影テクニックの向上につながりません
改善すべき点は改善されることを、切に願います。


と、余計なおせっかいとしか思えない感想ですが、正直良かったと思えるポイントが見いだせなくて(おい)・・・
・顔は見える(そこそこかわいい)
・楽しそうな音声が聞こえる

このくらいで、むしろ残念な点の方が目立ってしまいます。

残念な点は、アピールポイントのはずの画質があまり良くないこと、ここに尽きます。

画質画質うるさいと思われる方もいらっしゃるでしょうが(笑)
画質が悪いだけでせっかくの作品の世界に入り込めなくなるのですから
(一部の画質より中身が重要だと感じさせてくれる作品を除きます)
高画質であってほしいのは当たり前のことだと考えております。

何をもって高画質と言うのかは人によるでしょうが、本作で残念だと思ったポイントは、
・暗い、ノイジー
 撮りをしている人ならば誰もが味わうであろう苦労なのですが(笑)

・ラスト約5秒の手持ちシーン(高画質カメラ)でも、シャッタースピードが稼げず
 いくら60fpsのフォーマットであっても、動きに弱くボケてしまってはもったいないです。
 動きに弱ければ、フォーカスバッチリの鮮明なPを楽しむことは困難です。
 ただ、60fpsをアピールしているわけではないので、そこは突っ込んでしまってはいけないのかもしれません。

この画を見て、個人的にはそう感じました。
あうてんてぃこ氏 一番しっかり映っていそうなシーン

そして、そもそも本当に白Pなのかとも思ってしまったり(笑)
あうてんてぃこ氏 色味をいじってみた
※色味を勝手にいじってみました。

純白というよりは、生成り色のようにも・・・?

まぁ、白Pだと思ってみれば白Pだという事で(笑)
皆さんは何色に見えましたか?


以上、今回の作品は少々残念な感想に終わってしまいましたが、
今度は屋外の明るい環境下で、鮮明な60fpsフルHDパンチラを拝見したいです。
(あとは制服娘のしゃがみシーンならば一層・・・個人的なリクエストです。笑)

せっかくお持ちの機材、是非有効活用なさって次回作で素晴らしい作品を生み出して頂きたいと思います。

DL販売のパンチラ動画レビュー【デジテンツ RaphaeLさん】・・・映りこんでいるのは本人か?

Gcolleで活動されていた方が、次々とDIGITENTSに流れてきているわけですが、

今回のRaphaeLさんも、そのおひとりです。

この方、Gcolleで初めて買った作品がイマイチだったので(おい)、その後スルーしていましたが、
デジテンツに移行されているので、改めて買ってみてみました。

見てみたのはこの作品です。

RaphaeLさんのVol.11
パンchiraの楽園 ~今時ギャルの下半身に注目~ vol.11

商品説明にもありますが、うたい文句としては
10名弱のモデルが、色とりどりのPを魅せる、10分以上の長編
といったところでしょうか。
果たして本当かと疑いつつ、購入してみました。

実際に見た感想ですが・・・

・画質が良くない
・重ねばっかり
・じっくり楽しめるシーンが少ない


という、前作と同様の感想に加え、

・本人が映ってる・・・?

と気になるシーンもあって、フィニッシュできませんでした(笑)
・顔もある程度映っている
・リアルさはある
という良さより、残念な印象で終わってしまったのです。

改めてRaphaeLさんが挙げているサンプル画像を見ると、確かに生Pの娘が移っています。

が、冒頭から重ねばっかり、不安になります。
RaphaeLさん 重ね
重ね

RaphaeLさん 重ねハミ
重ねハミ

数分して、やっと生Pの娘が出て来ますが、
じっくり撮るとか、カメラを近づけるといったようなアクションは特になく、一貫して店内ブラブラ撮影という感じです。

もし一番良かった娘を選べと言われたら、この白P娘になります。
RaphaeLさん 生P

お顔のレベル、ミニスカ具合、そして白Pと条件は良いのですが、何しろじっくり撮れていません。
結局、使えずじまいです。

何より、具体的な時間やキャプチャは避けますが、
ガラスに反射して本人が映りこんでいるのではないかと気になるシーンがありまして・・・

見ながら「もし本人だったら売っていて大丈夫なのだろうか。」と個人的にはとても不安になりました。

もちろん、私の思い違いの可能性もありますし、本人が『この程度なら平気』と考えているのかも知れませんが、
販売前の確認とか、どの程度気にされているのか、私が気にしすぎなのかとか・・・

そんなことを考えながら途中から見てしまい、集中できませんでした(笑)


ただ仮に集中しても、本作はあまり良かったポイントが見いだせなかったのは事実です。
改めて思うのは、「なぜ生率の高くないここを活動拠点にしたのか?」ですよね。

とは言え、撮影者の素性(笑)も気になりますし、新作が出たらまた買ってみてみたいと思います。
プロフィール

3Dpan2

Author:3Dpan2
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR