FC2ブログ

燃え尽きた夏~涙なくして語れない試合~ 後編

前編で、あまりにバレバレな輩がいたことをありのままに書いてみましたが、
文中に”(笑)”が多すぎてご指摘のコメントを受けてしまいました。

確かにこちらから見ているとあまりに滑稽で笑えるような状況でも、撮っている方は真剣かもしれません。
(真剣でなくては困る・・・いえ真剣だろうと盗撮は困りますが。)
誰しも未熟な時期はありますし、失敗を重ねてプロになっていくわけですから、その過程をを笑ってはいけません。
が、もう少しシミュレーションしてからやってほしいというのは本音です。

その彼については特にその後のトラブル(笑)は見かけませんでしたので、どうなったかわかりませんが、

今回のテーマは、バレてしまった人についてです。
もちろん妄想話ですが、苦手な方はお控えくださいね。


とある地方球場での話です。
その日は日差しが強い上比較的風もあってカラっとした日だったのですが、
そういう日はご存知のとおり素晴らしい画が取れるチャンスでもあります。


過去にもオートネットののりたまさん特集で記事にしていますが、こういう画は屋外ならではのものです。
(高画質)マイスターオリジナルパンチラ vol.80

それを狙ってかはわかりませんが、その彼もそういう画を撮りにここへ来たのかもしれません。

その彼を初めて見かけたのは、引率の宣誓と思われる方に取り押さえられていたときです。

そう、私が彼を見かけたときは全て終わっていたのです。


最初、それをトイレに行くときに目撃してしまったのですが、その時はまだ何があったのかはわかりません。
ただ、周りにチラホラと女子生徒がいて、複数の宣誓がバッグを見ていたような気がします。

あまり詳しく書けませんが、その彼は鞄カメ使用&スマホでモニタリングして撮っていたようです(笑)


それを横で見ながら通ってきたのですが、何故かこちらまで死にそうな気分でした。
私のバッグの中にやましいものが入っているとか…はありませんがね。
本当は今すぐ帰りたかったのですが、一人ではなかったため自由に動けず、やむなく最後までヒヤヒヤしながら試合を見ていたとかどうとか(笑)

ひとまず気分を落ち着かせてもと来た道を戻ると、
ちょうどその彼が、K察官や宣誓らしき人と一緒に歩いているところとすれ違う形になりました。

試合中ゆえ人もまばらな通路、見てはいけないような気がして自然と目を背けてしまいましたが、
手錠はされておらず、K察の方はベルトを手で握っていたのだけは覚えています。

何か話していましたが、それは聞き取れませんでした。
俯きながら歩くその彼は、恐らく30代後半、色白で小太り・・・そんな印象です。


戻ると取り押さえられた現場付近の人だかりは解消していましたが、
私は試合終了後の帰り道で生徒たちの会話から彼は盗撮犯だったことを知ることとなりました。

軽く再現すると、

A子「うちらの近くにも来なかった?」
B子「覚えてない」
C子「ほら、スマホばっかみてたオッサン、いたじゃん」
B子「わかんない、つーかマジ迷惑」

とか、

D男「□□(恐らく盗撮の被害者)とかのパンツ撮られたらしいぞ」
他の男子生徒たち「マジかよバカじゃねえのそいつ」
E男「そいつの写真ねえの?」
F男「××(恐らく引率の宣誓)とかが写真撮るなーって言いまくってたからな」
E男「なんだよ見たかった」


など、いろいろと被害サイドの声が漏れてきていました。
若さゆえか、色々ツッコミどころ満載ではありますが、おかげで事態が把握できました(笑)


個人的にはバレるような撮り方をする輩は大問題(もちろん、盗撮行為自体問題ですが。)である一方で、
少々感じたことが、試合終了まで待つなりもう少し穏便に(?)捕まえられれば、周囲に騒がれることもなく、
かつ被害生徒のことも周りに知られずに済んだのではないかと思ってしまいました。

そのパンチラ撮られた娘、月曜の学校は気まずいし、弄られるのでは?(笑)


また、今回は宣誓方の指導・徹底があったからか、ネットで拡散/報道もなかったようですが、
一歩間違えれば写真を撮られて拡散していた可能性もうかがえますよね。


さぁ、このことからもこの話の結論はもう見えていますよね?

そう、前回同様、以下文言に集約されます。
『既製の作品を楽しむにとどめましょう』
です(笑)

ところで、一つ気になる会話があったのです。

上でも書いた帰り道で聞こえてきた会話の一部です。

X子「学校~~こんなときまで~~」

的な発言が聞こえてきた気がしたのです。
~~部分や前後の会話は聞き取れませんでしたが、上の内容は間違いないと思います。


さて・・・今回の事態を前に、いったい何を言っていたのか考えました。

実際には全然違うことかもしれませんが、私はこう予測しました。

「学校じゃあるまいし、こんなときまで重ねてないわ」

と(笑)


その予測が正しいと、こんな仮説が成り立ちます。

”普段の学校生活より、球場の方が生率が高いのでは?”

と。


考えたら、確認したくなりますよね。
ええ、確認してみました(笑)

そのレポートは次回以降の記事に回しますが、最後に一言だけ。

お願いですからやるなら徹底的に準備して万全の態勢で挑んでバレるのやめてください(笑)


こういう場所での素晴らしい作品は過去にもありますから、それを楽しみましょう。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

Secret

No title

いよいよですか~2015年の統計!
今年の研究成果楽しみにしてっせ

3Dさん、当然その娘は撮ったんですよね?笑

No title

いや~、怖い体験談でした。
よくK察ドキュメントなどでよくやるような光景を目の当たりにした
管理人さんの肝の冷え具合が伝わってきまして(汗
そもそも、撮ったその場の目に付く場所でモニターしている犯人もうかつなんですけど・・・。

でも絶対撮られた娘はその後何かあったと思うんですよね。
上からの通達があっても口コミやLINEとかまで規制し切れないでしょうし。
ただひとつ言えることは、
『これでまた生率が低下した』
ということでしょうか?

生率といえば、先日管理人さんが行かれた全国調査ツアーにおいての、
共学/女子校の傾向データはいかがなものでしたでしょうか?

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントありがとうございます。

コメントが遅くなりまして、誠に申し訳ございません。

SPSS様
いつもありがとうございます。
相変わらず統計学に疎いもので、まったくデータがまとまっていないうえ、
軽く検証すると、今回は従来のように目に見える分析結果が出せるのかわからなくなってきました。
まぁそれがリアルと言う事で・・・。

なお、最後の一文は何のことかさっぱりでございます(笑)


ぷぷりん様
いつもありがとうございます。
そうなのです、よくあるTV番組の逮捕劇よりも、断片的な情報しかないものの、恐怖すら感じましたよ。

ぷぷりん様のおっしゃるように、非公開の場所では何らかのやりとりはされているでしょうね。
もともと誰かさんの調査ではその学校の生率は3割弱と少なめでしたが、その可能性は否定できないですよね。

ちなみに、今回の誰かさんの調査では球場メインゆえあまり女子校のデータはないとのことですが、
男子校の応援に来ていた女子校は・・・たまたまなのかイマイチだったという話です(笑)
このあたりもまとめて報告していけるように準備しなくては。


佐々木様
コメントありがとうございます。
かわいそうというのは、女の子でしょうか。それともお縄になった方・・・?(笑)
いずれにしても、おっしゃる通りではございます。


NP様
コメントありがとうございます。
>そういう感想になるのがやっぱり
確かに普通の人と感想がずれているというのもごもっともかもしれませんね。
ご質問について詳しくお話しできないのが残念ですが・・・、そこはご想像にお任せいたします(笑)


アポロン様
いつもありがとうございます!
メールを含め確認が遅くなりまして申し訳ございません。

さて、色々とお話ししたいところですがまず第一声として・・・
メールのとおり、メッセージ2件を確かに読ませていただきました(笑)
コメントから時間もたってしまい申し訳ございませんが、後日メールさせていただきますね。


Secreto様
コメントありがとうございます。
実は貴ページは過去に拝見したことがございます(笑)
私の持っていない技術をお持ちで、是非色々とご教示いただきつつも、いつの日かブログで取り上げさせていただきたいと考えておりました。
ご相談の件を含め、よろしければ後日記事にさせてください。
プロフィール

3DingNow!(引退済)

Author:3DingNow!(引退済)
Pcolleなど市販のパンチラ作品を通じ、技術的検証や撮りたい気持ちを抑える研究をしていきます。

※当ブログ内容はフィクションです。
オリ画の被写体は18歳以上のモデル使用・盗撮風イメージ映像です。
※当ブログは盗撮を推奨するものではなく、あくまで合法的に撮られたパンチラを推奨するものです。
※各種感想・レビュー等はあくまで個人の感想です。また、ガチ作品は存在しないという前提での内容になります。

以上をご理解の上でご覧ください。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR